忍者ブログ
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アナスタシア2
しばらくぶりの日記だ。
僕には長年にわたって探しているゲームがあった。
タイトルを「蒼天の白き神の座」という。
プレイステーションのゲームだ。
知らない人の方が多いと思う。
その昔、大学時代に発売日当日購入したゲームだが、いつの間にか何処かへ消えてしまっていた。
ゲームの内容は登山。登山といっても8000m級の高峰登山。
プレイヤーは登山隊の隊長となり、隊員を集め、計画を立て、ルートを決め、隊員に登らせる。ベースキャンプから指示を出し、登頂アタックまでいかに持っていくかを頑張るゲーム。
しかし、雪崩や落石、滑落、遭難、突風、凍傷、高度障害等、
常に隊員達には危険が迫っているため、
ちょっと隊長の都合で無理をさせると、すぐに骨折したり悪くすると死んでしまう。
しかも僕は友人や兄弟などの名前を隊員につけていたため、謎の責任感に襲われ、その緊張感はものすごかった。(死なせるわけにいかない)
そして、数々の困難をくぐり抜け、ようやく登頂に成功すると、
その達成感はドラクエ五回分にも匹敵する。(例えばの話)

で、ずっと探してたこのゲームが(今時どこにも売ってない)
売っているところが見つかったと、友人からのメール。
さっそく行って、購入。
没頭。サイトほったらかし、FF3ほったらかし、みたいなことになってしまってた。

今回は自分も隊員として登録してみた。
一番能力値の高い安全なチームに編入。
とても楽しい。

屈指のゲームなので、オススメなのだが、
余りにシビア過ぎるため、明らかに万人受けしないのが難点。
それでもやってみたいと思ったならやってみたらいいと。


ところで、久し振りなので、絵を載せた。
僕の考えたシリーズ、アナスタシア。
この人、ドット絵見ると随分重ね着してるように思われる。
90年代で言うグランジってやつか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
苑仙
性別:
男性
自己紹介:
アルコールはウィスキー、煙草はキャメル。
北海道在住。
カウンター
忍者ブログ [PR]