忍者ブログ
[116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日からカテゴリによって分けて書いてみる。
そういえば先日ブログの名前も変えてみたし。(意味はないけど)

で、先週の土曜日、封切りになった「犬神家の一族」を観に行ってきた。

僕は金田一耕助映画といえば間違いなく市川崑に石坂浩二の人なので、
リメイクと聞いたときからずっと楽しみにしていた。
(因みに余談だけど浅見光彦は水谷豊か榎木孝明)

市川崑も90歳を越え、石坂浩二も60歳を越え、果たしてどうだろうかと思ったりもしたけど、
僕としては満点でした。
もうあのテーマ曲にあのオープニングで始まった瞬間に、
時を超えて僕の中の金田一耕助が帰ってきました。
石坂浩二に昔の若さは無いものの、10分も観ていればすっかり慣れるし。
市川崑の方も、衰えることのない映像美で、素晴らしかったし。
やっぱり金色と赤。
キャストも豪華で、すこし笑える感じも良かった。
タマゴのくだりで誰も笑ってなかったのが不思議だったが。


そうそう、今回の映画、ロビーも混んでて、
売り場もずらっと並んでて、チケット買ったら全席指定だったので、
「さすが犬神家の一族、座席もびっしり埋まってるんだろうな」
とか思ったりしたのに、劇場に入ってみたらガラガラで、
20人くらいしかいなかった。
指定席にする意味あったのか、公開初日でこんなに空いてたのに。
っていうかこんなに凄い映画が何故公開初日にこんなに空いてるのか!!


ともあれ面白い映画で、昔観た人もそうでない人も楽しめる上に、
座席も空いててゆったり観られる「犬神家の一族」、
おすすめ。
あと松嶋菜々子凄い綺麗だったし、
尾上菊之助が驚くほどあおい輝彦っぽかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
苑仙
性別:
男性
自己紹介:
アルコールはウィスキー、煙草はキャメル。
北海道在住。
カウンター
忍者ブログ [PR]