忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

MOTHER多めになってる気が。
今日も1点追加。今日はテッシー。
苦手を克服するのはまだまだ先のようです。
描けないものは描けないのだということを学びました。
しかしながら、描くしかないのも事実だ。

バーバレラを描けるようになるのはいつの日やら…。
PR
結構毎日書いてたのに、3日も空けてしまってお久しぶり。

今日はこちらも久しぶりだがギャラリーに完成品をアップ。

ビュウはサイト立ち上げ前に描いたっきりだったので、
2回目の挑戦になる。
センダックを描いたとき以来自分の趣味を前面に出していこうと決めたので今回日本刀をもたせてみたり。
シャルンホルストとかグナイゼナウとか、名前は洋風だけどどんなモノなのかはよくわからないから日本刀でもいいかなと。よくないか。

あと二刀流といえば宮本武蔵。
宮本武蔵といえば日本人。
日本人といえば日本刀、みたいな。

それと今回のテーマはビュウの怒り。
キャラクターの内面を描く絵にあこがれたりして、でも複雑な感情を表現できるわけもないから、わかり易く「怒り」をテーマに。
パルパレオスやらヨヨやらビュウが怒りを感じる対象には事欠かないし。
そんな場面を想像して描いてみた。


あと更新履歴には明記してないが、
MOTHERの方にも1点アップした。
こっちの絵はイメージ先行なんで、出来は微妙。

連夜のバハムートラグーン。
今夜は僕の考えたシリーズ、ゼロシン。
乗艦後の感じ。

母さんと父さんの違いはあっても彼は僕の中では完全に黒板純。
(あの北の国からの長男、吉岡秀隆が演じてた。)
ゼロシンの台詞はあのトーンで僕に届く。
年齢的には初恋のころか。
母さんはいしだあゆみか。


北の国から見てないとタイトルからしてわからんね今日の文章。
富良野行きたい…。
ウダウダジジイ
今日は久々にバハムートラグーンより、センダック老師。
このサイトを立ち上げて以来、なんだか知らないうちにだんだんと自分の絵ってものが変わってきたような気がして、これはまずいなと。
恐らく背伸びをしていたんだろうと思う。
描けないのに描いてみようって感じ。
上手くなりたいから描くんだけど、突き抜けたところを目指しても駄目で、こつこつやらないと。
というわけで、自分の足元を確認する上で、思うさまジジイを描いてみた。
僕の考えたシリーズのセンダックはこれ。
着物着てます。
杖は恐らく仕込み杖ですよ。
ナントカ抜刀斎、って感じ。
剣の達人かも。

滅茶苦茶…。

ちなみに着物は僕のHNの由来のキャラクターに似せて。


今夜はハウルの動く城テレビでやってた。
劇場で観て以来だったので、案外楽しめた。
マルクルがいい。

上の絵は僕の考えたシリーズ。ドンファン。
テレビ観てて時間無かったから適当だが。
色つけてなんとか。

ドンファンには思い入れないんです。
ふざけた感じのクセに最終的にもててるあたり、
おっさん的には納得できず。

まあモテてるんだから見てくれはいいんだろうって感じ。
能力では他のランサーに及ぶまい。

ビュウが振られてんのにドンファンは無い。
そういう話。


ところで今夜はプロ野球オールスター戦。
日ハム勢は相変わらず魅せたね。
新庄はまあいっつもああだからいいけど、
森本!!
すごいよ森本!ピッコロ大魔王って。
新庄のいない日ハムを背負って立たせる為にそこまで…!
小笠原は最後の藤川との対決で楽しませたし。
今夜の試合は面白かった。
武田久は残念な感じ。
出ないで休んでて欲しかった。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
苑仙
性別:
男性
自己紹介:
アルコールはウィスキー、煙草はキャメル。
北海道在住。
カウンター
忍者ブログ [PR]